海外生産基地の分布
     

規模的にはインド、フィリピン、中国であるがインドとフィリピンは英語圏と言うこともあり
米国との関係が強い
最近は人件費の安さ、人々の勤勉さからベトナムも脚光を浴びている。
しかし、日本から見た場合日本語の対応力、及び生活文化の面、更に距離の面

(交通の利便性)から圧倒的に中国が優位に立っている。

又中国はH15年9月より二週間以内の短期渡航にはビザは不要となっている。