海外への生産基シフトの背景
     

日本の経済基盤は国内市場のみならず、海外市場にも大きなウェートがある。

米国、EU、東南アジアの市場でも勝ち抜いて行くためにも、より一層のコストダウンを

余儀なくされているのは周知の事である。

家電、自動車に代表されるように海外への生産シフトはソフトウェア産業のみならず

各種サービス業やホワイトカラーに代表される各種事務作業にも及んできている。

これらは現地の人件費の安さに起因するのみならず、IP電話の普及により国内外の

通信費の低減にも起因している。